コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯みがきメニュー


ブラッシング講座
虫歯や歯周病の原因となる、プラークを取り除くには、正しいブラッシングとフロッシングがとても大切です。ここで、正しい歯の磨き方を習得しましょう。上手に磨けているか分からない場合はかかりつけの歯医者さんで正しい指導を受けることをおすすめします。

歯垢がつきやすい場所
歯垢は、虫歯や歯周病などの主な原因になります。歯垢のたまりやすい場所はだいたい決まっていますので、効果的な歯みがきで歯垢を取り除き、健康な歯を保ちましょう。

歯ブラシ・歯磨き剤

歯ブラシ
  • 歯ブラシの選び方

    基本タイプの歯ブラシ選びのポイントは、ヘッドの大きさ。奥歯1本半〜2本にあたるぐらいの長さで、幅の狭いものを選びましょう。毛の材質は、品質面・衛生面からみてナイロンが良いでしょう。毛の硬さは柔らかめで慣らしてから硬めに代えるようにしましょう。毛先は丸くカットされているテーパード加工が歯肉を傷つけず歯垢をよく落とせます。

  • 歯ブラシの寿命

    歯ブラシの取り替え時期は、朝昼晩きちんと磨いた場合で約1ヶ月が目安です。歯ブラシの背のほうから見て、毛が外側にはみだしていたらもう寿命です。毛先が開いた歯ブラシでブラッシングしたり、力を入れすぎて磨くと歯肉を傷つける心配がありますし、歯垢をきれいに落とすことはできないので注意しましょう。たとえ毛先が広がっていなくても毛の弾力が弱くなっています。

  • もっときれいに磨くには

    どんなに上手にブラッシングしても、なかなかきれいに取れないのが、歯と歯の間に入り込んだ汚れや歯垢です。これらをすっきり取るには、デンタルフロスや歯間ブラシを利用するとよいでしょう。携帯できるかわいいケース付きのものもたくさんありますので、外出先で使えるように持ち運びすると便利です。
歯みがき剤
発泡剤の入った歯みがき剤をたくさん付けて、お口の中が泡だらけでは、プラーク除去のためのブラッシングは、できていないことが多いようです。
そのうえ、研磨剤入りの歯みがき剤では、歯がすりへる原因にもなります。使用するなら少量、丁寧に磨けば使用しなくても大丈夫。
研磨剤の入っていない歯磨き剤(赤ちゃん用の歯みがき剤等)やフッ素入りがおすすめです。
「虫歯や歯周病が治る」といわれる歯みがき剤やうがい薬への過信は禁物です!

ブラッシング

鏡を見ながら、歯ブラシの毛先が、目的の個所にあたっているのを確認しながら一本一本磨きましょう。

それぞれ動画を見ることができます。
Windows Media Player形式
 
バス法
ブロードバンド[約10MB] ナローバンド[約1MB]

歯と歯ぐきの境目に[45度 or 50度 ] の角度で毛先をあて、小刻みに動かします。
歯ブラシは小刻みに動かしましょう。前後に大きくゴシゴシと動かしても、毛先が歯の間には当たらずプラークコントロールのための歯みがきはできません。
  • 歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に毛先が届いているか意識しながら磨きましょう。
  • 磨く部分に応じて毛先を使い分けましょう。
  • 奥歯の後ろもていねいに磨きましょう。
  • 磨きにくい歯の側面は、歯ブラシをたてて磨きましょう。
  • 前歯の裏側は、歯ブラシのカカトを使ってかき出すように磨きましょう。
縦みがき法

ブロードバンド[約10MB]
ナローバンド[約1MB]
スクラッピング法

ブロードバンド[約10MB]
ナローバンド[約1MB]
 
歯みがきの主役はデンタルフロス!(糸ようじ)

虫歯、歯周病を予防する「プラークコントロール」のためには、デンタルフロスが大変重要です。
歯ブラシでは届かないプラークのたまりやすい場所である、歯と歯の間は糸ようじとよばれるデンタルフロスを使ってお掃除をします。デンタルフロスは細い繊維の束で、歯と歯の間の接触がどんなにきつくても入ります。
歯と歯の間にゆっくりフロスを入れて、両方の歯面をかき出すようにこすり、プラークを取り除きます。
 
歯垢染色剤(プラークテスター)

「歯垢染色剤」で磨けていないところをチェックしてみましょう。
「歯垢染色剤」は磨き残したプラークを赤く染め出します。「歯垢染色剤」は、液体や、錠剤、ジェルタイプが市販されています。最近では歯磨き剤と一体になったタイプのものもあります。
 

copyright