コンテンツ
■気になるところは?
・歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯・歯ぎしりメニュー


むし歯について
むし歯かな?
お口の構造
セルフチェック
治療について
抜歯について
予防
トリビ歯の泉
はぎしり

むし歯はなぜできる?

むし歯を作る4つの条件

むし歯は、歯質、細菌、糖分の3つの条件に時間の経過が加わってできます。
歯は胎生中から作りはじめられます。歯の質もむし歯のなりやすさに影響することがあります。
細菌
主な原因菌はミュータンス菌です。この菌はプラーク(歯垢)をつくり、また歯を溶かす酸をつくります。
食物
特に糖質の摂取が問題です。その中でも特に砂糖がむし歯の発生に影響を与えます。

実際にむし歯が発生するのは、24時間休みなしというのではなく、食直後の数分間だといわれています。というのは、食物のカスが細菌に分解され、最も酸が発生しやすいのが食直後の時間帯なのです。口の中はある程度一定の酸性度(PH)に保たれていますが、食直後にはその酸性度が強くなり、その酸のために歯が溶けてしまうのです。
→フッ素の利用

 
どんなところがむし歯になりやすいの?

むし歯の原因

口の中にはたくさんの細菌がすみついています。
そのなかでもミュータンス菌がむし歯の原因となります。 ミュータンス菌は、食べ物の中の糖質(とうしつ)をもとにネバネバのデキストランを歯の表面につくります。
ほうっておくと、デキストランの中で細菌が増えて、プラーク=歯垢(しこう)がつくられます。
プラークは細菌のかたまりです。
プラーク中のミュータンス菌は、食べ物の中の糖質を、分解して、歯を溶かす酸をつくります。
酸によって、からだの中で一番かたい歯のエナメル質が溶かされます。これがむし歯のはじまりです。
 
プラークがいつも歯についていると…
むし歯が発生!!
ストレプトコッカス
ミュータンス
デキストラン
赤く染まっているところがプラーク

むし歯の進行

食事をした数分後から、ミュータンス菌が食べかすを腐らせ、酸にします。この酸が歯を溶かして、むし歯にしています。
C1 エナメル質(歯の表面)のむし歯
ほとんど自覚症状がないので、つい放っておきがちです。しかし、このときに治療しておけば痛みもなく、簡単です。初期のむし歯はエナメル質のみぞの中にできます。
C2 象牙質(神経に近い)のむし歯
むし歯がエナメル質を越えて象牙質に広がると、冷たいものや、甘いものがしみます。このころまでは、治療もわりと早く済みます。むし歯が神経(歯髄)まで達する前に治療を受けて下さい。
C3 神経(歯髄)まで進んだむし歯
たえず激痛に悩まされます。歯髄(神経)がおかされているので、歯髄を取ってしまいます。治療に時間がかかります。神経(歯髄)をおかすほどのむし歯になると、歯冠はほとんど壊されて腐っています。そのために長い時間をかけて治療をし、冠をかぶせなければなりません。
C4 歯根まで進んだむし歯
根の先に化膿が出来たり、歯根膜炎を併発していれば、咬んだときに痛く、根の先にウミの袋ができていることもあります。抜歯をすることもあり、治療は困難となります。
神経の孔を通して顎の骨に最近が感染しますと、顔が大きく腫れて骨膜炎を起こすことがあります。
新しい考え方-----要観察歯(CO)
主として肉眼でむし歯による穴は見られませんが、むし歯の初期症状(病変)が疑われる場合をいいます。
このような歯は経過観察を要するものとして、要観察歯(Questionable Caries under Observation)とし、略記号CO(シーオー)を用います。
具体的には、次のようなものが該当します。
  1. 小窩裂溝(かむところの溝)で、エナメル質の実質欠損(う窩=むし歯による穴)はありませんが、褐色裂溝などが認められるもの。
  2. 平滑面(歯の横の部分で平らなところ)で、脱灰(歯の中のカルシウムなどが溶け出すこと)が疑われる白濁(白い斑点)や褐色斑(茶色の斑点)などが見られますが、エネメル質の実質欠損の確認が明らかでないもの。
  3. 精密検査を要するむし歯のような病変があるもの(特に隣接面=歯と歯の間)
健康診断におけるCOの症例
小窩裂溝の着色 平滑面にみられる白濁斑 平滑面に見られる粗造面
充填物周囲の褐色状の着色 隣接面 側切歯の白濁

copyright