コンテンツ
■気になるところは?
・歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯・歯ぎしりメニュー


むし歯について
むし歯かな?
お口の構造
セルフチェック
治療について
抜歯について
予防
トリビ歯の泉
歯ぎしり
歯ぎしりは眠っているときのことですから本人にはわかりません。
しかし単にうるさいだけではなく、歯に重大な影響を及ぼすこともあります。

歯ぎしりは通常は睡眠中に起こり、上下の歯を臼ですり合わせるように動かすグラインディング運動・かみしめ・連続的なかみ合わせなど、いくつかのタイプがみられます。いびきや寝言のようないわば癖のようなものです。
 

なぜ歯ぎしりをするのでしょうか?

夜間に起こる歯ぎしりは深い眠りから浅い眠りに移行するときに、アゴの異常な緊張によって起こりますが、原因については、残念ながらはっきりしたことは分かっていません。
歯やアゴ、かみ合わせの異常や精神的ストレスなどが原因とされています。
 

歯ぎしりは放っておいてもいいのでしょうか?

歯ぎしりをするときにはとても強い力が働きます。そのため、歯の表面がすり減ったり、時には歯が欠けたりすることもあります。また、歯の動揺が起こり、重度の歯周病を起こす原因ともなり、大切な歯を失いかねません。そうなる前に、家族などから歯ぎしりを指摘された方、朝起きたときにアゴや歯に違和感のある方は歯科医師のチェックを受けてみましょう。

copyright