コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
・歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯ぐきメニュー


歯周病ってどんな病気?
X線写真で見てみよう
歯肉の診査
ポケットの診査
原因はプラーク?
歯周病の治療法
プラークコントロール
スケーリング・ルートプレーニング
歯周外科治療
歯の表面に付着した汚れをそのままにしておくと、歯の周りを包み込んでいる歯肉に炎症が起きてきます。歯肉は赤くなり、ブヨブヨとはれてきて、ちょっと歯ブラシが触れても出血するようになります。この歯肉炎をそのままにしておくと、炎症はさらに進み、歯を支えている骨を少しずつ破壊し歯はぐらつき始め、やがて抜けてしまいます。
これが歯周炎です。歯肉炎、歯周炎の状態を総称して歯周病といいます。

健康な歯肉と歯周病の歯肉

健康な歯肉
歯肉が健康なとき、歯は歯周組織によってしっかり保持されています。正常な歯肉は淡いピンク色で引き締まっています。
歯肉炎の歯肉
歯肉が炎症を起こすと、赤くつやがあることもあり、磨くと出血しやすく、触れると痛むこともあります。
炎症は歯肉に限局して仮性ポケットが出現します。(アタッチメントロスなし)

歯肉の健康はプラーク歯垢しこうと関係があるんだよ。プラークをつけたままにしておくと、このように歯肉が病気になって、歯肉から血が出たり、ブヨブヨしたりするよ。でも、歯磨きをして、プラークを落とせば大丈夫だよ。定期的にかかりつけの歯科医院でも見てもらおう。

軽度歯周炎の歯肉
歯肉の炎症が進行してくると、発赤・腫脹が著しくなり磨くと出血します。
歯の支持組織にも炎症が進み、歯周ポケットが形成され骨の吸収も始まります。
(アタッチメントロスを伴う)

歯石は歯磨きだけでは取れないよ。歯医者さんで取ってもらおう!

重度歯周炎の歯肉
歯周病がさらに進むと、歯の支えの多くを失い、骨吸収が歯根長の1/2以上になると歯はぐらつきはじめ、膿が出はじめてくると口臭もひどくなり、やがて歯が抜けてしまいます。 (アタッチメントロスを伴う)

ここまでくると治すのも一苦労 
でも根気よく通って治しましょう! 
→歯周病の治療法

歯肉炎の主な原因は歯垢

  • 一日5食の食事スタイルの人
    え〜っ、そんなに食べないって!?でも、塾や習い事の前、夜食などを入れると、一日5回ぐらい食べてないかな?食事の回数が増えると、それだけプラークはつきやすいのです。
    →ブラッシング
  • やわらかい食事・甘い食べ物・砂糖の含まれた飲料水を好む人
    やわらかく、かまないですむ食生活は、食べ物が歯につきやすく停滞しやすい口の中の環境を作ります。また、砂糖はとても大切な栄養源ですが、いつも口の中に糖分があると、それが細菌の栄養源になって、プラークができやすくなるのです。
    →キシリトール
  • 歯並びやかみ合わせが悪い人 
    →歯並びやかみ合わせの悪い人

プラークのほかにも歯肉炎の原因が

  • 栄養の偏り(ビタミン類の不足は歯肉の抵抗力を弱めます)
  • 心身のストレスがある、口呼吸をするなど

    とにかく、毎日、歯肉の健康状態を自分で点検することが大切!

copyright