コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
・歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯ぐきメニュー


歯周病ってどんな病気?
X線写真で見てみよう
歯肉の診査
ポケットの診査
原因はプラーク?
歯周病の治療法
プラークコントロール
スケーリング・ルートプレーニング
歯周外科治療
歯周治療では、ブラッシングとSRPによる十分なプラークコントロールで大部分の炎症がおさまります。しかし、根の形態が複雑で、完全に歯石やプラークを除去できない場合は、歯周外科が必要になることもあります。

歯周外科のステップ

SRP後でも出血が見られます。 骨の吸収が見られます。 炎症のときに見られる肉芽組織が見られます。
肉芽組織を取り除き、根面をきれいにします。 骨を覆うように歯肉を縫合します。 傷口を保護するために歯周パック(薬)をします。
   
炎症がおさまり、出血が止まりました。     
   

GTR法

GTR法は、歯周病の進行を抑制するだけでなく、なくなった歯周組織の再生が期待できる方法です。
 
術前の歯周組織 術後の歯周組織  
肉芽組織を除去して、ルートプレーニングを行います。除去した部位に増殖スピードの速い上皮細胞および歯肉結合組織由来の細胞をバリヤー膜(メンブレン)で遮断して、根面への新付着が期待できる歯根膜細胞を誘導します。バリヤー膜は吸収されてなくなります。
骨欠損部 再生された骨
  骨の再生が見られる
でも…長期にわたり患者さん自身でプラークのない状態を維持することは難しいことです。
そこで、かかりつけの歯科医院での定期的なメインテナンスをお奨めします。
歯周外科治療後も定期的なメインテナンスが必要です。

copyright