コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
・歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯ぐきメニュー


歯周病ってどんな病気?
X線写真で見てみよう
歯肉の診査
ポケットの診査
原因はプラーク?
歯周病の治療法
プラークコントロール
スケーリング・ルートプレーニング
歯周外科治療
ブラッシングはむし歯や歯周病の予防に役立ちます!また、歯周治療はブラッシングによるプラークコントロールなくして治癒はありえません。
毛先みがき
プラークを確実に除去するには、歯ブラシの毛先を使い分け、歯面に直角に当てて磨くことが大切です。それには口腔内のすみずみまで無理なく毛先が届き、スムースに動かすことです。
また、細菌は空気が嫌いなので歯周ポケット内で繁殖します。ブラッシングでポケットに空気を入れることで、細菌がすみにくくなります。
歯ブラシのワキを使用 かかとを使用 ツマ先を使用
隙間用ブラシを使用  歯間空隙の広い場合は歯間ブラシで
歯ブラシだけでは落としにくい歯と歯の間のプラークは、歯間ブラシが効果的です。歯間ブラシは隙間の大きさにあったものを選びましょう。
 
正しい磨き方
歯は1本ずつていねいに
時間をたっぷりとかけて
力は弱めに、歯磨き剤はつけずにまたはごく少量
困った時はかかりつけの歯科医院で「正しい歯磨きを教えてください!」です

悪い磨き方
3〜4本まとめて、力いっぱい大きく動かすように磨いていると、いずれ歯がすり減ったり(楔状欠損)冷たいものがしみる(知覚過敏)ようになります

ブラッシングで歯肉の炎症が改善した例

初診時


プラークコントロールが不十分で、歯肉の発赤・腫脹が見られます。
染め出し時


染め出しをしてみると磨き残しが顕著で、隣接面(歯と歯の間)が磨けていません。
1ヵ月後


ブラッシングの効果が出はじめて、歯肉の発赤・腫脹が少なくなってきました。
4ヵ月後


プラークコントロールが上手になり歯肉の炎症がおさまります。

copyright