コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
・歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
・歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたいこと
トピックス
 
 


歯並びメニュー


矯正歯科って何?
歯並びチェック
不正咬合の種類
矯正治療の期間と流れ
矯正歯科Q&A
矯正治療症例集
矯正に関する相談室
キレイは歯で決まる?!
自分の歯をよく見たことがありますか?
良い歯並びというのは一般的に、歯の並びが重なりや隙間がなく、美しいアーチを描くような形、あるいは半楕円形をしていることです。そして上アゴが下アゴを覆う形に均等に噛み合っていること、前歯が前に飛び出ていたり、傾斜していない状態のことをいいます。また、良い噛み合わせとは、噛んだ時に上下、前後で2〜3mm重なり、中央の歯の境目が上下合っていて、奥歯が上下互いに1本に2本が噛み合っている状態をいいます。さらに、歯並びや噛み合わせばかりでなく、口元や上アゴや下アゴを含めた顔全体のバランスが良いということもたいへん大事なことです。
正常咬合の写真
正面 上顎 下顎
        >拡大写真へ
噛み合せには姿勢や全身状態と密接した関係があることは知っていますか?見た目に良い歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症や肩凝り、腰痛などの原因にもなるようです。
→矯正歯科って何?

以下に、悪いとされる歯並びを9例ほどあげておきます。

出っ歯(上顎前突)

受け口(反対咬合、下顎前突)

上の前歯が強く前に傾斜していたり、上の歯並び全体が前に出ていたりする状態をいいます。前歯の角度異常や上アゴの成長のし過ぎ、下アゴの成長不足、指しゃぶりなどの癖が原因となります。発育の過程で鼻疾患を有し、口呼吸している子どもに多く見られます。歯が折れたり唇が切れたりしやすく、見た目も美しくありません。
> 症例はこちら

下の歯が上の歯より前に出ていることをいいます。うまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい口調になってしまいます。遺伝的要因のほかに、上唇を噛んだり舌を突き出すなどの癖が原因になります。永久歯が生え揃った状態で反対咬合になってしまうと、矯正治療以外に治療の方法はなく、上アゴの前方への成長が妨げられてしまいます。さらに放置すると、外科手術が必要になるケースもあります。
> 症例はこちら
 

八重歯、叢生(でこぼこ)

過蓋咬合

アゴの大きさに比べ歯の幅の総和が大きいのが原因で、歯が凸凹に生えたり重なり合ったりしている状態です。歯みがきがしにくいため、むし歯や歯肉炎になりやすく、歯周病にまで進行して歯を早く失う恐れもあります。
> 症例はこちら
 
咬み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えなくなってしまいます。ものをよく咬めません。笑ったときに上顎の歯肉が見えて目立ってしまうほか、下の前歯が上アゴの内側の歯肉を傷つけ、炎症を引き起こす可能性もあります。
> 症例はこちら
 

開咬

空隙歯列

口を閉じても、前歯が開いてしまい、歯が上下で噛み合いません。子どものころの指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因となります。前歯で物を噛みにくく、とくに麺類などを食べるときに噛み切れないため、横の歯で噛み切ることになります。発音しづらく、不明瞭で聞き取りにくい話し方になってしまいます。
> 症例はこちら
 
叢生とは逆に、アゴの大きさに比べ歯の幅の総和が小さいすきまだらけの歯並びをいいます。
> 症例はこちら
 

上下顎前突

口蓋裂(保険適用)

上も下も、前歯がとびだしている状態をいいます。この症状の人は、唇が閉じづらい状態であることがよくあります。
> 症例はこちら
 
口唇口蓋裂の患者さんは、日本人では出生児の約500人に1人にみられ、現在は適切な時期に適切な治療を受けることにより日常生活にはほとんど支障がない様にする事ができます。
口蓋裂は口蓋(上アゴ)の骨がくっつかないことによりおこるのですが、アゴの発育が悪く、受け口になったり生まれつき歯の大きさが小さかったり、歯の数が少なくなる事があります。
> 症例はこちら
 

手術が必要な顎変形症

顔の成長が完成される時期(平均的には18〜20歳以降)に上下顎骨の成長発育が前後的・垂直的・横方向に著しい不調和があり、出っ歯、受け口あるいは顔が左右非対称になっている状態です。矯正治療単独では治すのが難しいため矯正治療と外科手術を併用して治療します。治療は保険でできますが全ての矯正歯科で可能とは限りません。相談先の歯科医院に確認して下さい。
> 症例はこちら
 

copyright