コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


いびきメニュー


いびきは体が発する危険信号
チェックしましょう
いびきの原因
SASとは?
いびき・OSASの治療法

 睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。英語ではSleep Apnea Syndrome(SASと書きます。「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

 SASには閉塞型睡眠時無呼吸症候群Obstructive Sleep Apnea Syndrome=OSAS胸部や腹部の呼吸運動は行われているにもかかわらず、上気道の閉塞のために鼻、口での呼吸がなく無呼吸となるもので、呼吸再開時に、大きないびきを伴うのが特徴)と中枢型睡眠時無呼吸症候群(Central Sleep Apnea Syndrome=CSAS)これらの混合型に分類されます。

 SASを治療せずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。
SASに特有な症状合併症は、無呼吸によって引き起こされる2つの重要な出来事に由来するといっても過言ではありません。
すなわち、無呼吸がつづくことで(1)体内の酸素不足が起こり、「寝苦しい」「息苦しい」などの症状が現れ、睡眠不足がおこる(2)酸素不足が循環機能に負担をかけ、さまざまな臓器に対し悪影響を及ぼすためと考えられます。したがって、SASは、無呼吸の出現頻度が多くなるほど、または無呼吸の持続する時間が延びるほど、重症となり、その結果、事故や突然死などにより生存率が低くなるわけです。

 有病率は人口の4%と言われており、日本には200万人いると言われています。いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしいなどと言わず、「もしや?」と思われた方は早めに専門の医療機関を受診しましょう。SASはしっかり治療すると無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできます。


copyright