コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
・口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集




口臭メニュー


あなたの口臭について

口臭とは?

最近の見解では、「いかなる原因にかかわらず、口腔から放出される他覚的に不快な臭い(悪臭)の総称」とされています。

口臭の原因は?

他覚的に口臭が認められる方の80%以上は口腔内に原因があるといわれています。
歯科の2大疾患である虫歯と歯周病が主なものです。

これらは、いずれもプラークが蓄積して起きる細菌感染症ですので、歯や歯肉などに侵入したり炎症反応を起こした結果、血液成分や粘膜細胞などと反応して、揮発性の悪臭物質である「メルカプタン」や「メチルサルファイド」「スカトール」あるいは「インドール酸」などを作り、口臭が発生すると考えられています。
このほかに不衛生な入れ歯、口腔の乾燥症、舌苔の蓄積などが口腔内の原因となります。

口腔内の問題以外の理由による口臭の原因は、鼻咽頭疾患、消化器疾患、呼吸器疾患、代謝性疾患などがあります。わかり易いようにまとめてみました。
 
 口腔内疾患
多発している虫歯、歯周病、口腔乾燥症(薬物によるもの、発熱性疾患によるもの、
シェーグレン症候群によるものなど)、不潔な入れ歯、食物残渣(食べかす)、舌の表面の汚れ(舌苔の蓄積)、まれに口腔がんなど。
 鼻咽頭疾患  消化器疾患
慢性上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)、扁桃炎、咽頭がんなど 食道狭窄、胃拡張、胃潰瘍、幽門狭窄症、胃酸分泌障害、胃がんなど
 呼吸器疾患 代謝性疾患
化膿性気管支炎、肺膿瘍、肺結核、肺がんなど 慢性肝炎、肝硬変、糖尿病など
正常な状態 舌苔のついた状態

「自臭症」ってなに?

口臭を訴えて診療所を訪れる方の中には特に病的変化、あるいは歯科的な所見がなく、歯科医師などが判断しても特に口臭を認められないことがかなり多いのですが、このような場合を「自臭症」と言います。
実際に口臭を訴える人の80%以上が自臭症であったという報告もありますが、概ね50%以上であるとする研究者が多いようです。

臭覚は人間の感覚の中でも原始的な感覚に分類され、情動の発現と密接に関係しているとされています。精神・神経科領域においても臭覚と社会生活、とりわけ人間関係に関しては深い関連があるとみなされています。

いわゆる「口腔心身症」といわれるものの中に含まれる場合もあります。この場合はカウンセリングが有効なこともあります。大切なことは、自分ひとりで悩まずに歯科医師に判断してもらい、虫歯や歯周病の存在を精査するところからはじまります。歯科的に問題が無ければ内科的な原因を検査してもらうのが良いでしょう。 

口臭の治療について

1.口腔清掃歯ブラシ以外にもフロス(糸楊枝)、歯間ブラシを使用して清掃の徹底を心掛け、磨き残しの多い歯と歯の間を清掃して下さい。
歯科医院で歯ブラシ指導を受けるのも良い方法です。

2.虫歯および歯周病の治療 痛みが無いからといって放置しておくと菌が増殖して、病気が大きくなったり重症化して口臭もひどくなります。

3.舌清掃 舌の表面には「舌苔」という白色の沈着物がついています。
これは舌表面の細胞が古くなって剥離したものに細菌が繁殖した状態です。
柔らかめの歯ブラシで優しく数回こすり清掃して下さい。
強過ぎるとヒリヒリと痛くなってしまいます。

4.内科的疾患の治療口臭の原因には様々な内科的疾患が考えられています。
かかりつけの先生に相談した方が良いでしょう。
処方されている薬に唾液の分泌を抑制するものが含まれている場合も考えられますので、この点も相談されると良いでしょう。

5.薬物による治療一時的な効果ではありますが、市販の塩化セチルピリジニウムやグリチルリチン配合の洗 口剤や、最近では塩化亜鉛配合の薬剤が非常に効果があることがわかっています。
かかりつけの歯科医院で相談してみてください。

copyright