デンタルカフェ札幌歯科医師会
知っておきたい歯のこと口のこと
トップ・他メニュー
札幌の歯医者さん探し
歯の救急箱
解決なるほど歯科辞典
知っておきたい歯の.. トピックス

知っておきたい歯のこと口のこと > 歯ブラシに関するQ&A

歯ブラシに関するQ&A

植毛部が一束だけの極めて小さい歯ブラシです(ワンタフトブラシとも呼ばれます)。毛束が少し角度の付いたものと直角に付いたものや、先端が平らになっているものと山形になっているものとがあります。
爪楊枝のような感覚で細部に挿入できるため、普通の歯ブラシでは磨きにくい奥歯の裏側、歯並びの悪い部分、歯の隙間、矯正装置の周囲などの清掃に適しています。
歯科医院での販売が主ですが、最近は大手ドラッグストアでも種類は少ないですが類似商品を販売しているようです。商品の信頼性については不明です。

[]

不適切な乱暴な使用により傷つけたり痛みが出る場合もあります。歯間ブラシの本来の目的は汚れを除去することですから、過度の出血を伴う無理な挿入は避けましょう。ご自分の歯ぐきの状態や部位に合ったサイズを選ぶとともに、その使用方法にも注意が必要です。直接見て確認できない奥歯の部分では、挿入角度や力の入れ具合が難しく、できれば歯科医院で指導を受けられることをおすすめします。

[]

歯ブラシはブラシ毛の種類(素材)、弾性、先端の形態、長さ、植毛密度などによる組み合わせで多くの商品が販売されています。単純に毛の硬さと感触の硬さが比例するものではありません。したがって、その感触の硬さもメーカーや構造により異なります。歯ブラシの硬さをどのように感じるかは個人差があると思われますが毛先を歯肉に当てた時に痛みを感じ磨き続けることができなければ柔らかめのものが良いでしょう。また柔らかすぎて弾力性が無く、腰の弱いすぐ毛先が開いてだめになってしまうような歯ブラシは不適切です。

[]

音波歯ブラシを正しく使用することで効率的にプラークを除去できます。使いすぎは良くありませんが、だからといって手控えて磨き残しては意味がありません。歯科医院で適切な使用方法を指導してもらいましょう。

[ホーム][]
コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集

copyright
ホームページに戻る サイトマップへ お気に入りに追加する