デンタルカフェ札幌歯科医師会
知っておきたい歯のこと口のこと
 トップ・他メニュー
 札幌の歯医者さん探し
 歯の救急箱
 解決なるほど歯科辞典
 知っておきたい歯の..  トピックス

知っておきたい歯のこと口のこと > 歯並びのQ&A

歯並びのQ&A

歯並びの悪さは、遺伝の場合と後天的な要素で起きる場合があります。たとえば、指しゃぶりの時期が長かったり、爪や指を噛む癖、内分泌障害など、歯並びを悪くする要因は実にさまざまで、一概には言えません。

[]

歯を動かす治療を終えてからまだあまり日が経っていないのであれば、徐々に慣れてよい方に向かう場合もあるかと思います。どうしても気になる状況が続くようであれば、その時点でもう一度主治医の先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。

[]

矯正治療を受けることは、基本的にいくつになっても可能です。しかし歯ぐきや歯を支える骨などの歯の周りの組織が健康であることが条件になります。したがって、年齢が上がるとともに歯周病(歯槽膿漏)のリスクも上がっていきますので、矯正治療を受ける前に充分な歯周病に対する処置が必要になる場合があります。

娘さんがまだ成長期であれば、症状によっては手術を行わなくても治療できる場合があります。また、すでに成長期が過ぎて手術が必要な場合でも、自立支援の指定を受けた医療機関で矯正治療を受ける場合には保険が適用になります。一度、矯正歯科にご相談されることをお勧めします。

[]

指しゃぶりによる歯並びへの影響で最も頻度の高いのは「開咬」「上顎前突」で、これは口を閉めても口唇が閉まらず、上下の前歯も咬みあわず開いている状態です。指を吸う頻度、強さ、吸う指の種類などによって程度はさまざまです。一般的には、比較的軽症な場合や低年齢のうちに習癖がなくなれば自然治癒する場合も多いのですが、4,5歳以降まで続くような場合、重症な場合、舌で歯を圧迫する習癖がある場合などに関しては自然治癒の可能性は極めて低くなります。物がちゃんと咬めないと消化器官に負担がかかったり、発音障害、審美障害、将来のむし歯や歯周病、慢性鼻炎の発生など様々なデメリットが生じる可能性があります。治療する場合は歯列矯正の専門医に十分相談したほうが良いでしょう。

関連リンク:開咬
関連リンク:上顎前突
[]

認知症(老人性痴呆)の方がよく咬める総義歯を入れることにより、症状が改善した事例があります。咬むことにより脳に刺激が加わりボケ・老化予防に効果があるようです。よく咬むことで内臓を健康にしていつまでも若さを保ってください。

[ホーム][]
コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
 利用者の皆様へ
 ご意見お問い合わせ
 リンク集

copyright
ホームページに戻る サイトマップへ お気に入りに追加する